しかべ間歇泉公園(北海道鹿部町鹿部)

シェアする

 しかべ間歇泉公園(しかべ かんけつせん こうえん)は、周期的に地面から噴き出す温泉である間歇泉(かんけつせん)は、約10分間隔で温泉が地下26メートルから空高く15メートルほど1回に約500リットル噴き上げます。泉源が30箇所以上もある道南有数の温泉の町である鹿部町にあり、1924年(大正13年)に温泉試掘中に見つかり、1999年(平成11年)に公園がオープン。泉質はナトリウム塩化物泉で、無色無臭。公園内には足湯もあります。

しかべ間歇泉公園

スポンサーリンク

約15メートルまで空高く噴き上げる間歇泉を間近に感じる体験型公園。

「見て・学んで・触れて・楽しめる」体験型公園

間歇泉(かんけつせん)

間歇泉の吹き出し口。

間歇泉(かんけつせん)

静かな状態の間歇泉。

静かな状態の間歇泉。

しゅわーっと、温泉が吹き出す寸前。もくもくと湯気が立ち込みます。

shikabe-kanketsusen (10)

強風などの天候不良時には、覆いが被さります。残念ながら、覆いがある日は、本来の15メートルほどの噴出高を見ることはできません。

shikabe-kanketsusen (7)

足湯

神経痛や冷え性、関節痛などに効能がある足湯。足湯から間歇泉が見えます。旅の疲れを足から癒す事ができます。また、タオル貸出を行っているので、手ぶらで楽しむことができます。

足湯

眺望の館(2階)

眺望の館では、頭上高く噴き上げる間歇泉を窓越しに見ることができます。眺望の館からは、内浦湾をはじめ、駒ケ岳、室蘭市街、噴火湾越しの羊蹄山を眺望できます。

洞窟の道(1階)

1階にある洞窟の道では、間歇泉の仕組みをパネルやビデオで学習できます。

集いの館

噴き上がる間歇泉を眺める事ができる休憩室があります。しかべ間歇泉公園をはじめ、鹿部町の観光情報を配信しています。

日本国内の間歇泉

間歇泉(かんけつせん)と言えば、イエローストーン国立公園が有名ですが、日本国内では10ヶ所あります。

  • 羅臼温泉(北海道)
  • 鹿部温泉(北海道)
  • 登別温泉(北海道)
  • 鬼首温泉(宮城県)
  • 広河原温泉(山形県)
  • 川俣温泉(栃木県)
  • 上諏訪温泉(長野県)
  • 熱海温泉(静岡県)
  • 草間(岡山県)
  • 柴石温泉(大分県)

しかべ間歇泉公園(しかべ かんけつせん こうえん)

概要

住所

ほっかいどう しかべちょう しかべ

北海道鹿部町鹿部18-1

電話番号

01372-7-5655

営業時間

夏期期間(5月~10月) 8:30~18:00

冬期期間(11月~4月) 9:00~17:00

定休日・休業日

11月~3月の第4月曜日(月曜日が祝日の場合は翌々日)

年末年始(12月31日~翌年1月5日まで)

※4月~10月は無休

利用料金

大人 300円

小・中学生 200円

未就学児 無料

各種料金割引・会員制度

団体割引あり

予約

不要

対象年齢

0歳~

交通アクセス
[自動車]

国道278号線沿い 恵山国道

JR「鹿部駅」より車で13分(7.6km)

[列車]

JR「鹿部駅」

駐車場

80台(無料)

駐輪場

あり(無料)

周辺地図

子連れサービス

おむつ替えシート・おむつ交換台・ベビーシート・ベビーベッド

授乳室

ミルク専用給湯器・調乳ポット

なし

着替え場所

なし

電子レンジ

なし

ベビーカー入場

不可

ベビーカー貸出

なし

ベビーカー置き場・預かり

なし

キッズコーナー・キッズルーム・ベビールーム

なし

託児・一時預かり

なし

レンタル・貸し出し品

なし

設備

休憩スペース

あり(憩いの館)

テーブル・椅子 14席

飲食スペース

憩いの館(飲食物の持ち込みOK)

レストラン・食堂

駐車場横に「サロンカフェ・かもめ」

売店

あり

しかべ間歇泉公園から道路を挟んで向かいに「鹿部・食とうまいもの館」があります。

自動販売機

あり

コインロッカー・手荷物預かり

なし

Wi-Fi・無線LAN

なし

公衆電話

なし

バリアフリー

スロープあり

トイレ・手洗い場

トイレの種類

男性トイレ

女性トイレ

バリアフリートイレ

子供用トイレ・キッズトイレ

なし

子供用の補助便座

なし

ベビーキープ付きトイレ

なし

手洗い場・水飲み場

なし

公式情報・SNS

公式URL

鹿部温泉観光協会

http://shikabe.jp/skk/

Twitter

Facebook

イベント情報

クーポン券・割引券

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
コドベル北海道の最新ニュース情報を、
いいねしてチェック!